2008年06月23日

大いなる視野(高位意識)の継続

805b.ren.jpg

0623:2008
vol.3
Message - vol .1- from consecutive meditation of the third day.
photo : dozen/Ren


メッセージ〜Symbol reading〜。
 










成長しようとしている女性性の「受容する動」と幼い女性性の幼い男性性に対する「波及の動」の境界線に痛みが発生していました。
痛みに一貫して含まれることは、罪悪感(過去絡み)です。

やがてあなたは改善するべく動を取りましたが、動を取るまでにかなり時間がかかりました。

最初に違和感を直感で感じていたにも関わらずすぐに動を取らず、そして案の定それは現実化し始めたにも関わらず、内在と繋がる方が優先だと、その内しっかり繋がりが安定すれば、その痛みも超越する(愛で溶ける/改善)だろうと放置していました。

が、しかしそうはならず痛みは増しました。
当たり前です。

実は感じている(反応している)にも関わらず、つまりそれはその心地悪さを感じているのを実は我慢しているだけで、知らぬふりをしているに過ぎず、
感じている(反応している)限りはそれにどこか必ずフォーカス(執着)し続けており、
そんな状態では、神聖さへ安定してフォーカスできる状態にはありません。

ゆえに、内在(神聖さ)にフォーカスするも、顕在に至るまでは安定しない。
どこか気がそれている状態。
その状態を継続しながらでは、いくら取り組んでも結局、顕在純化を妨げます。

これらは、一時的に起こっていたものです。

「こんなことは自分に優しくないことだ!」
というさらに神聖さへ沿う高い女性性の声の方がやっと勝り、降伏し、ようやく実際に改善の動を取りました。

幼い男女性の動の状態/流れの悪さを回復させるべく、あなたは自らをリラックスさせたのです。

そうすることで、実はその流れの滞りは幻想だったことに、あなたは気づきました。
動自身(基盤、動機)には何ら問題はなく影響は全く受けていなかったことにあなたは気づいたのです。

なんと変容していただけだった・・・ということにあなたは気づき驚きました。

変容していたものを、あなたはずっと状態がふさわしくない、と思いこんでいたのです。
あなたはずっと滞っていると思いこんでいました。

動(自我)が、神聖さへの安定・集中の邪魔をしている、神聖さへの受容、体現の邪魔をしている、と。

問題だったのは、そうである、というあなたの思い込みであり、それをあなたはどこかでずっと抱えていたということです。

しかもそれは幻想だったことに、リラックスして初めて実感しました。

我慢せず、すぐにリラックスし確認すればいいものを、それをごまかし、頑なにその考えに執着していたばかりに、結局、事態を増幅させ、それが安定させない要因となりました。

問題だったのはその幻想を起こしている自分自身であり、あなたが創り出した罪悪感によって境界部分が痛みを知らせたのです。

あなたは気づきました。
動(自我)が悪いわけでもなく、動自身には何ら問題はなかったということに。
これは、「大いなる視点」で言っていることです、把握違いをされないように。

あなたが、エナジーを安定させるため(内在の自らに集中するために)「精神的霊的鍛錬」と「瞑想」を取り直したことで、内在の繋がりの流れはすぐに復活しました。





「気にする(という反応)」ことを継続させていると、思いもよらない「執着」と「思い込み/判断」という“かたまり”を、知らぬまに創りあげることになる。

たとえそれがちょっと気にかけていることでも、それを継続することによって、積もれば山となる。

わたしにとって今回の瞑想自身で得られたひとつは、

知らずに(実は知っている)我慢していたこと(反応していないかのように自分を騙す)を止めリラックスし、
邪魔しているのではなく、それは邪魔されていると「反応」し自らがそう感じていただけであり、幼い男女性は実は変容している(法則のまま内的状態を具現に起こす=いいも悪いも変化を起こそうとしているだけ=至る最終結果は愛)のであり、

誤った反応・判断・考えから罪悪感を創造することで自らに痛みを発生させていたことに気づき、
手放し、神聖さへとスムーズに顕在(純化部分)からも繋がるよう復活させたこと。

もちろんこれは、わたしの全部の状態ではなく、ある自我の部分で起きていた。

わたしにとって、ということは、連続瞑想に参加する全員の未来にとっても、この改善(リセット)は起こっていく(波及)ということにもなる。

気づくも気づかないも、受容するもしないも、各自次第だが。



また重要な点は、

■大いなる視野で、この現実(3次元霊的近視眼社会)を実際に生き続ける「顕在をもっての高い霊性の安定継続」だと痛感した。
■さらに「自らの反応が、自らにその反応の内容/質をもたらす」ということ。
■リセットは、「即動」で行うこと。



本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  spiritual精神世界blog  blogくつろぐ

Renかわいいmixi
Love Spiritual PeaceかわいいCommunity
posted by dozen/Ren at 17:19| 0806 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。