2008年07月02日

メッセージを持っているコーヒーたち

811b.ren.jpg

0702:2008
Coffee having a message.
photo : dozen/Ren


このあいだakiに、Giftでコーヒー粉をもらった。
 






もらった粉は2種。
これがまた素敵なメッセージを持っているコーヒーだった。

1つは、
「ハワイアンアイス」

ひと粒ひと粒が女神の涙。
火の女神から許された赤い衣をまとう。



ハワイ諸島の中で、最も新しく、「ビックアイランド」のニックネームの通り、ハワイ州最大の島がハワイ島です。

ハワイの神話にひんぱんに登場する火の女神ペレはカウアイ、オアフ、モロカイ、ラナイ、マウイと島を移動し、最後にハワイのキラウエアを住まいとし、火山の噴火はペレが炎となって姿を現したものだと信じられてきました。

この神話に深く関わるのがハワイ州最高峰のマウナ・ケアと噴火を続けるキラウエア火山のあるマウナ・ロアです。
このふたつの山はコーヒーの生育にも最適な土壌環境を生み出し、東側にアメリカ唯一のコーヒー産地が広がります。

この一帯には大小様々な生産者が密集しており、それぞれが誇りをもってハワイコーヒーの伝統を守っています。 



もう1つは、
「ヒマラヤンアイス」

滋養することからはじめる。
意識を変える。
世界を変えるために自ら変わろう。



ネパールへは1944年ビルマからコーヒーが持ち込まれ小規模ではありますが栽培がされていました。

ところが80年代後半、コーヒーマーケットの低迷により、収穫してもほとんどが収入がないという状態が続き多くの農民は 栽培を止めた事でネパールコーヒーは一時市場から姿を消しました。

しかし 1995年カブレ郡に設立されたエベレストコーヒー が、コーヒーの栽培から収穫までを農家に指導し、現在では175グループ(各グループは25家族から75家族で構成)までに 成長しています。
しかし生産者達の収入は已然低く、彼らの生産する豆を受け入れ支援する活動が今、求められています。

日本国内からも積極的なネパール豆の買い付けと合わせて、よりマーケットの需要にあった高品質な豆を生産する為の生産 技術の指導が入っており品質の面でも向上しています。 

我々ヒロコーヒーも昨年よりこのネパールコーヒーを指導して皆様にご紹介してきました。
”飲むことではじめる”コーヒーと生産者達を守るコーヒー・エイドにぜひ、ご協力下さい。



dozenが何か美味しい“アイス”コーヒーはないかと探しているのを知って、akiはわざわざ調べて買ってきてくれたものだ。

コーヒー好きといってもわたしの場合は、コーヒーよりカフェオレ好き。
特にスタバのキャラメルマキアートが大のお気に入り。
必ずミルク多めにしてもらっている。
冬はホットで、今はアイスでときおり潤い涼しく過ごしている。

スタバ自身の空気感、雰囲気も大好きで、
「グリーンエプロンブック」の精神も好き。





ところで、いつもの連続瞑想「前」にちょうどヒマラヤンアイスが終了し、
連続瞑想「後」から、ハワイアンアイスに移行した。
こういうのも意味あるなと思う。

わたしの好みでいえば、・・・と言ってもわたしはカフェオレにして飲んでしまうのでどうかとも思うが、
(というか、いつも龍かみんなが淹れてくれるものを飲んでいる)
ヒマラヤンの方が濃くがあり苦味少なくオススメ。

にしてもメッセージが素敵なものを飲むのは、とても心地よかった。
次は自分たちでヒマラヤンを買った。
aki、ありがとう!
aki blog⇒the search for truth



本当の自分を取り戻していく「自分を愛そう!」
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  spiritual精神世界blog  blogくつろぐ

Renかわいいmixi
Love Spiritual PeaceかわいいCommunity
posted by dozen/Ren at 23:38| 0807 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。