2006年10月30日

大好きだな。

わたしの大好きなことのひとつに、人の話を聞くことがある。
話は何でもいいわけじゃない。笑

1030:2006
vol.2
I love it.
photo : dozen/Ren

432b.ren.jpg

気づきが入っているお話しが大好き。

 

「蓮ちゃんあのね、こないださぁ・・・」とか、「あのさあのさ、蓮ちゃん・・・」
なんて始まると、もうワクワクが始まる。

「で、そこで気づいたのさ!」とか、「これかぁ〜!今の学びは!・・・とか思ったわけさ」なんてあると、もう楽しくてしょうがない。

話のネタなんてなんだっていい。
わたしが楽しいのはその人の気づきや、変化なのだ。
気づく前と気づいた後では、変化がある。

そのいきさつや感じたことが聞いてて楽しくてしょうがない。

それが映画や本の内容でもいい。
わたしは本を読むのが人より非常に少ないのを認めている。
上手に読めない自分も知っている。
そういう点で、知識がないのも自覚している。

それだけに本から気づいた話や、感じたことや気づきに繋がる情報などを聞くのが大好き。
実は、すごく好きかもしれない。

とにかくどんなネタにしろ、相手が話し出すともう耳ダンボでワクワクしている。
まるで子供が今から絵本のお話しが始まるゾ!・・・的ノリ。

そこで気づきが話に入ってなかった場合・・・。
妙に心がしんみりして、「で、気づきわぁ?それの学びどころわぁ?」と聞いてしまう。
子供が絵本の話に、「ねぇ。で、どうなるのぉ?その人はどうなったのぉ?」・・・と聞く心境と同じ。笑

わたしにとって変化ほど楽しいものはない。
変化するものが大好き。

植物が育つ様子や花が咲くさまや、風や雲や川や波の流れ。
建物が古く味あるさまになっていくことや、時とともに読み込まれて味をだす古書や、食材が料理に変わっていくさまや、創作されていく空間や芸術。

新しい物を使うのがもったいないと言って飾ったりしまっておく人もいるが、わたしは実際に使うことが大好き。
実用的な物が好き。

傷がつくのが嫌だから・・・と置いておく人もいるが、わたしは使うことで自然に刻まれていく傷が好き。
わたしにとってそれは『』だ。

人も同じ。
傷つくのが恐いから・・・と体験を避ける人もいるが、わたしは体験することで自然に経験する傷は『味』だと感じている。

その味がさらに人をユニーク(唯一)な存在にしていく

これらすべてが『変化』で、それはわたしにとって『創造』なのだ。
こんな楽しいワクワクすることはない。



本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^−^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 22:59| 0610 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。