2006年11月06日

エッセンスとキャンドル

今日は夕方からキャンドルナイトだった。
が、朝からずっと変容したまま。

1105:2006
Extract and a candle.
photo : dozen/Ren

466b.ren.jpg

直前になんとか食事を取ろうとするが、それもままならない。
 

カレッジ生の沐隣さんが浜松から到着する。
龍は慌てて先に行く。
沐隣さんブログはこちら⇒ゆっくり行きませう

わたしも行こうとするのだが、身体が思うように動かない。
のっそり借りている集会所に向かう。
挨拶しようにもままならず、とにかく座ると勝手に目が閉じる。

そんなわたしを
「この人、今日 変やし。」とサラッと言った龍。
なんちゅう説明だ。ずっと変容しててこういう調子でいくかもしれないから・・・と、言い方は他にもあるだろうと内心ブツブツ。笑

しばらくその状態でずっと話を聞いていると、2人のそれぞれの状態がすごくよく観える。
段々、エネルギーの上昇が落ち着き出し、目が開けられ話せるようになった。

そこでずっと聞いていて感じたことを話し始めていくと、沐隣さんの目がウルウル。そして涙を流しながら話を聞いてくれた。
彼女は先月の横浜カレッジに初参加し、カフェからワークからイニシエまですべて参加し、ずっと泣き通しだった。
わたしのインチャの具現が高次により引き起こされたときには、もう・・・。

つまり彼女は1日オープンハートだったのだ。

探求サポも終わり、続いてスピカフェに入った。
この頃にはもっと変容が落ち着きだし、初参加の人も交えて話に花を咲かす。
明かりは落とされ、テーブルにキャンドルが散りばめられた中で。

沐隣さんとディリル君から、それぞれ差し入れのシューを堪能しながら。
ディリル君は逢うごとに必ず何かしら持ってきてくれる。
「今日はですね、これが美味しそうかなって。」笑顔で買うときの様子を話してくれる。
ディリル君関連日記はこちら⇒ドライブ一転・・・
              ⇒キャンドルナイト&イニシエーション

彼はいつも買うとき、みんな歓んでくれるだろうなぁ、一緒に食べるの楽しみだなぁ・・・という心できっと買ってきてくれているんだろうなぁ、と感じる。

探求者たちと過ごす時間が、わたしは大好き。
何かしらエッセンスが溢れる。

今回のエッセンスは、

『で、どうしたいわけ? どうなりたいわけ。』
『じゃあ、そうするには、そうなるには、実際んとこどうすんのよ? どう実際に動くのさ。』

まさに!


他にはシンクロギフトがあった。

10月の横浜カレッジ後から、イニシエに我が家を活用しようということになっていた。
今回はキャンドルを使うということで、これからのために何かキャンドルを入れる物が欲しいと龍に言っていた。

ちょうど我が家に、植木鉢の形をしたガラス素材の半透明なブルーの入れ物があった。
それを龍に見せて、「ほら。こういうの。これだと光がうつってすごく綺麗なんだよぉ。こういうのどっかにないかなぁ。」と。

そしたらなんとすぐにギフトはやってきた。
カレッジ生のディリル君が、ギフトを携えやってきた。

キャンドルナイトにいつも彼は、毎回、素敵なキャンドルをもってくる。

いつものイニシエには自分のために花を買う。
それが満月や新月は、+キャンドル選びも入ってくる。
自分のための炎、火を、どんなキャンドルで灯すか・・・ということだ。

ディリル君が選んだ物が、ちょうどわたしが言ってたものだった!


467b.ren.jpg



お皿の上に置くのもいいけど、いくつかそういう入れ物があると助かるんだよなぁ・・・と。
そしたら見事!素晴らしすぎる!

ディリル君と天の法則と、サポしてくれている存在たちに心から感謝。
こういうリアルな小さな奇跡って、妙に嬉しいもんだ。。。


468b.ren.jpg



本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^−^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 14:38| 0611 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。