2006年11月14日

13→0

13日間の一連の変容後、振り返ればその意味もいろいろあり、そしてさらに11日にまとめに入った。
関連日記⇒1111

1112:2006
13→0.
photo : dozen/Ren

461g.ren.jpg

そして11日から12日、つまり13のひとサイクルの変容後1に入ったとたん、創造主からのメッセージに気づいた。
関連日記⇒創造主からのメッセージ
 

一連の流れもその意味も、すべては完璧かのようなまとまりに驚く。
すべてに意味はあり、すべては偶然ではなく・・・に尽きる。

そしてさらにまとめるかのようにmapちゃんに調べてもらった1111の意味を見ることにした。
mapちゃんブログはこちら⇒Harmony〜調和〜

これはつい、おとついの夜の10日の夜更け、といってももう11日に入ったその時間に、ふいに『光の翼』という本に『11:11(イレブンイレブン)』というものが載っていたのを思い出したのだ。

この本をちょうどmapちゃんに貸していたので、すぐにメールでその意味を調べてほしいとお願いした。

ふいに思い浮かんだからには、自分に必要なメッセージがあるだろうと思った。
その『11:11』の意味の、何が自分にとってエッセンスだったのか。
それは・・・。


■二元性と一元性(ワンネス)を繋ぐ架け橋。人間が高次元の意識に至るための道。

■11:11という数字は、人間が物質界に降下してきた時に記憶の細胞にコード化して入れられ、覚醒の時が来たことを知らせる役割を持つ。


まさに、この一連と合致する。
光の翼以外にもmapちゃんがマヤから情報をくれた。


■マヤでいう昨日11.11は人の成長を手助けする、天と地の柱の13日間の中にある。

■赤い地球 キーワードはシンクロニシティ、こころの連帯。
 意味は、指導的立場、人々に訴えかけ、人のこころを揺り動かす力を持っている。

■音は5音の倍音。キーワードは、中心に定める。中心機能を定める。
 ここで、「創られるもの」の中心となるものが創られる。


大事なのは、エッセンスだ。
mapちゃんを通し(架け橋・メッセンジャー)わたしの内がこの一連の答えを引き寄せる。
どのエッセンスも関連する内容ばかりで、さらにまとめのエッセンスだった。

●ワンネスを繋ぐ架け橋。
●人間が高次元の意識に至る道。
●覚醒の時。
●天と地の柱。
●人の成長を手助け(奉仕)。
●揺り動かす力(シンクロ・連帯)。
●中心を定める(創造)。





本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^−^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 01:07| 0611 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。