2006年12月18日

新たなイニシエが始まる

それは今日の昼頃に入ったアクセスだった。
新たなイニシエが始まると。
「夜の9時を目安にしていてください。」

1217:2006
New initiation begins.
photo : dozen/Ren

491b.ren.jpg

言われた通り、それは9:13に始まった。
 

このイニシエはモークが司るもので、古代レムリアでもモークのイニシエは実際に活躍していたそうだ。

イニシエの中でも貴重なもので、特に頭にフォーカスされて行われる。
男性女性とも「聖杯」が密接に関連するだけでなく、
頭に関連する霊性の意味するところは深いものだが、8、9、10以上にもライトボディにもそのイニシエは波及されているという。
また5、4の下位にも波及する。

このイニシエのエネルギーは本当に繊細。
大きなエネルギーを濃縮し繊細にし、施す。

わたしは変容の体験から頭部や頭頂で起こる変容のエネルギーは、他の部位で感じるエネルギーとは違う独特さがあるのを知っている。
崇高な次元の高いエネルギーほど繊細であるにも関わらず、時にダイナミックであり時に膨張を感じる。

これに取り掛かる変容の際、わたしは思わず瞑想状態に引き込まれるほど。
特にサナンダを思い出させるエネルギー変容が起こる。

このイニシエをレムリアの頃のように行うため、いろいろな準備が用された。

他のイニシエとは違い、ただただ静かなるさまで行われる。
その場でメッセージを伝えられることもないと思われる。
それは、ただただ味わうように感謝するように、内にフォーカスするように。

モークは説明の際、何度も「貴重」「崇高なる」などのこのイニシエを現す言葉を印象づけた。
「ソースの息がかかった儀式である」と。

このイニシエを受容する際、あるいは今までのイニシエを受容する際、印が着けられる者がいるそう。
その印を着けられた場合、さらに高度なイニシエが施される。(が、即座にその場でとは限らない。)

それを受けた感想は、後日にでも龍自身が日記をつけるだろう。
(今回の龍の場合には、今生に関わるスピリットの記憶の蘇りを潜在に落とし込むことがされた。)
このイニシエの案内も後日。
準備がいることから、もしや京都だけで行われるかもしれない。
(準備さえ叶うなら、どこでも行える。)

このイニシエも赤子や幼子、誰でも受けられるがオープンハートとスピリットにいざなわれたものに限る。
印を着けられる者はさらに、いざないにゆだねられるかが問われるところ。



頭部に関する参照資料:

第6チャクラ

私たちの知性、理性の力、それに自分の信念や物の見方を分析し、評価する心理的な能力に関係している。
この知性のチャクラは、私たちの精神や、意識・無意識レベルの心理的な力と通じ合う。

東洋の文献では、第6チャクラは「第三の目」とされ、知性と深層心理との相互作用が起きて、私たちを直感と叡知へと導いてくれる霊的な中心になると言われている。
つまり、叡知のチャクラなのだ。

第6チャクラが示す課題とは、心を開くこと、自分にとらわれない客観的な見方をもつ精神を育むこと、人間がつくり上げた真理、誤った真理から自分の霊を呼び戻すことなどだ。

さらに、内面の思慮分別によって行動すること、心の強い部分に動かされる思考と、恐れや幻想などで動かされる思考とを区別することでもある。


第7チャクラ

私たちの霊性とのつながり。
霊性が物質界での生活の大切な一部となり、私たちを導くことを受容する力とのつながりともいえる。

第7チャクラは、神なる存在と親密な関係を求めるよう、はっきりと方向づけられている。
第7チャクラは生命のなかでも、日常のレベルを超越した次元とのつながりを象徴している。

詳しくはさまざまな本のチャクラやライトボディを参照ください。


 

 


脳や意識とエネルギーを霊的にも詳細に述べているのはこちらを参照ください。



以下↓の本から脳とアセンションに密接に関係する文章を抜粋。

アセンションするためには、まず産道を通って生まれてきて、自己をその状態で完全に維持し、脳と呼ばれる器官のすべての部分を起動させる必要がある。

ひとたび脳の能力がすべて使用可能な状態になれば、体をコントロールしてその振動数を上昇させ、物質の振動数レベルを出て、光の振動数レベルに入ることが意のままにできるようになる。

これがアセンションと呼ばれるものだ。




本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 11:11| 0612 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。