2007年01月15日

神聖さ

0115:2007
Holy.
photo:dozen/Ren

503b.ren.jpg




神聖であるには、誠実さ、正直さ、真の素直さ、そして認める・・・ということが不可欠。

であるなら、神聖を取り戻すために、
より誠実になること、より正直になり、より真の素直さをもつことが必須であり、実践となる。

であるなら、誠実であり正直で素直であるには、必ずそこに「認める」ということができなければ、実現してはいかない。

神聖に向かうには、
誠実・正直・素直・認めることが、いかにワンネスで繋がっているかがよく分かる。

そしてまた神聖さに向かうにあたっての、ひとつひとつの選択は、
どれも「愛」だということに気づかされる。

つまり神聖であるということは、愛の土壌に成り立っているということだ。




神聖さから離れる・・・、つまり、いかに神聖ではないかを知るには、これらを逆にすればよく分かる。




神聖でない状態にあるには、
誠実ではなく不当であること、正直・素直ではなく偽善であり隠すこと、そして認めるのではなく抵抗。知らぬふり、気づかない・・・ということが不可欠。

であるなら、神聖さから離れるためには、
より不当(不誠実)になること、より自分(霊的な意味も含め)や物事、他者に素直さを欠如させ、より偽善であり隠し続けることが必須であり、これらを実践することにある。

であるなら、不当であり偽善であるには、必ずそこに「認めない」抵抗する、知らないふり、気づかないようにする、ということができなければ、実現してはいかない。

神聖さから遠ざかるには、
不当・偽善・抵抗・気づかないでいることが、いかにワンネスで繋がっているかがよく分かる。

そしてまた神聖さから離れるにあたっての、ひとつひとつの選択は、
どれも「エゴ」だということに気づかされる。

つまり神聖ではないということは、エゴの土壌に成り立っているということだ。


本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 22:24| 0701 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。