2007年03月07日

密教とマイトレーヤとヴァイワムス

0307:2007
Esoteric Buddhism and Maitreya and Vywamus.
photo : dozen/Ren

604b.ren.jpg


もうほんとすごい!
次から次とエッセンスが登場してくる。
 

おかげであの空海からのアクセス時とは違い、今ではすっかり興味を持つようになった。
ふとそんな変化を振り返り、してやられたな…高次に、と思わずニンマリ。ありがたい。

生きているすべてがアクセス、だ。



今回は瑠璃ちゃんから。
瑠璃ブログ⇒寝坊・・・


蓮ちゃんの記事とかいろいろと読んでいたら密教が楽しそうだな〜と(爆)

で、いろいろと調べていくと
秋田の密教は天台
という言葉にぶつかった。

さらにそのページを読み進むと 聖観音という言葉が気になった。

聖観音を調べたら鞍馬が出てきた(爆)

さらにその鞍馬を調べたら 仏教 天台宗と出てきた
秋田の天台に戻る(爆)


調べると出てくる 主マイトレーヤ
密教は どうやらこのマイトレーヤの顕現に関係しているのかなと・・・

  マイトレーヤの顕現に必要な条件は4つ

  世界がある程度の平和を回復していること

  経済を分かち合いの原理が統べるように変化しつつあること

  善意のエネルギーが顕在化し、まっとうな人間関係がもたれる方向に人類を導いていること

  全世界の政治組織と宗教組織が、個人の信仰と思想に対する権威主義的管理体制から信仰者達を解放していること


 いまどうやら2の問題 経済について 資産家の中でもマイトレーヤの顕現は問題になっているっぽい・・・

ふむ・・・
調べると面白いもんだなと(笑)

「完全アセンション・マニュアル(下)」には マイトレーヤとサナト・クマラの計画のつながりも書いてある。

この本は ジュワル・クールの本の情報を解りやすくまとめた本でもある(笑)

めぐりめぐって 戻ってきた感じ・・・



ここでわたしが驚いたのは、
「完全アセンション・マニュアル(下)」には マイトレーヤとサナト・クマラの計画のつながりも書いてある。
>この本は ジュワル・クールの本の情報を解りやすくまとめた本でもある

なぬぅ!? 驚!!

この本、持ってる!
『上』は資料として使ったことがある。
おかげで自分のアセンション状態がよく分かった1冊となった。
関連日記⇒自分(アセンション)が深まる
    ⇒霊的変容〜TAKEN〜

が、『下』はチラミをしたことがない。
しかも1度も開かないまま本棚に閉まってある。

一瞬なんてことだ!…と思ったが、違う。
読む時が来たんだ。
買っておいてよかった。
あとで、この本をたっぷり味わおう。



さらに瑠璃情報で、わたしが最も驚いたのは、マイトレーヤ

マイトレーヤから1度、これからの計画について…ということでアクセスが入っている

わたしはマイトレーヤを知らず、またこの顕在のわたしは霊的な恐れがあるのか、知らないがゆえストレートに受け付けないのか、いつものアクセスとは違うやり方を取られた。
わたしの無意識の領域のわたしとの対話を、この顕在のわたしを通して聞かせる…というアクセスが投じられた。

その時の内容は、カレッジのclass6にコピーし配布されている。

わたしのステップアップ(アセンション)について、この共同創造(カレッジ込み)についてなどだった。

その中で印象に残っているメッセージがある。

本当の道、創造する。
創りだす。

みんなの目的。
本当の道、創りだす。


色んな道、本来は無い。
都合よく、道 創りだ(している)。

純粋にあればあるほど、道はひとつになる



いろんな道があるというのは、歪んだ解釈。
都合いいからいろんな道 生まれる(生み出している)。
それも事実。

歪めば歪むほど道できる。
そして辿り着くのはひとつ。
(と、都合よく解釈している。)

本当の道はひとつ

歪んでいなければ、全員 同じこと言うはず。
道はひとつ、最初から


歪むから歪む理論出る。
歪む道、創造する。
そしてその事実に、ほら?道はたくさんありひとつに戻るんだ…と。本来、道はひとつという真実を見えなくしている。)





そしてマイトレーヤは言っていた。(声に出さない内の対話で。)
わたしたちの共同創造(カレッジ込み)は、新たに編成されたチームで行われていると。
カレッジ詳細⇒Love Spiritual Peace(ラブスピース) college

さらに、情報は不足している(全部正解だとは言えない)が、以下の情報は参考までにと直接マイトレーヤに教えてもらった。(参照:アセンションの新しき光)

その情報に『ハイアラキー』と出てきていたのに、わたしはこの情報にフォーカスせず(見もせず)、その次の情報をチラミしただけで本棚にしまいこんでしまっていた。

今、本棚からこれら参考情報を探し出し、そのハイアラキーの情報を目にするのは明らかな必然であり、『時』なのだろうと感じた




新しいスピリチュアル・ハイアラキー(霊的聖師団)
関連日記⇒密教:シャンバラへの移行

アセンデッド・マスター達は、私達の先輩である同胞で、高度に進化した魂であり、また、輝ける方々や選ばれた方としても知られています。

何千と言うアセンデッド・マスター達が存在しますが、そのほとんどが、地球で数々の肉体への転生を経験し、地球学校でのすべてのレッスンを習得し終えています。

シャンバラのアセンデッド・マスター達は、ゴビ砂漠上空のエーテル界のリトリートで集まります。

これらの特に輝ける方々は、人間の肉体であらゆる人生を経験し尽くして、試練を受け、そうして地球で与えられるすべてのレッスンをマスターされました。

しかしながら、これら最高の存在達でさえ、対処すべきほんのわずかなエゴはまだ残っているそうです。

他の宇宙からやって来ているアセンションした存在達は、肉体の試練を経験したことがないかもしれません。

しかしそれでもなお、彼らは、存在する他の世界のテストを通してアセンションした輝ける方々であり、準備が整っている人類のために、高次の波動のガイドとして、自分を捧げておられるのです。
関連日記⇒祝福

その中には、非常に進化している存在なので、その仕事が、いくつかの宇宙にまたがる方々もいます。

輝ける方々のチームは、地球を前進させるために、協力して働きます。
このチームは、地球のためのスピリチュアル・ハイアラキーを形成しています。

そして今や私達は完全に水瓶座の時代へ移行したので、新しいチームが形成されました。

地球の進化のために、本当に長い間、献身されてきたサナート・クマラのような、前任のリーダー達の中には、自分達の元の惑星へ戻られた方々もいます。

一方、自分が先導していた光線をマスターして、今はその光線のイニシエートになったので、また別の光線の主になるために移られた方々もいます。
またより高い地位へと昇進された方達もいます。



終焉を迎えたばかりの魚座の時代は、男性が支配していました。

現在は、バランスが重視されます。

そこでは、男性と女性は対等だが違いがあるという真実が認められることが重要だと見なされます。

この理解を人類の意識にもたらすために、新しいマスター達が任命されました

その方々の最後の転生は全員、女性としてでした。

そしてその任務は、女性、及び、男性の中の神聖な女性性に再びパワーを与えることなのです。

近い将来、さらなる変化が起こりそうですが、ここでは、2003年に更新された名簿リストに基づいて、現在わたし達と共に働いているマスター達をご紹介しましょう。


この↑情報をわたしは見ていなかった。



また、
>男性と女性は対等だが違いがあるという真実が認められることが重要
>この理解を人類の意識にもたらすために、新しいマスター達が任命された

その更新されたというマスター達が以下だそう。

ロード・マイトレーヤは、

2500年間、サナート・クマラのもとで、副ワールド・マスターを務めました。
サナート・クマラは、現在は金星に戻られています。

その後1965年に、ロード・マイトレーヤは、地球のみならず、他の星のシステムも担う、ロード・オブ・ザ・ワールド(世界全体の大君主)の地位に就きました。

彼は、グレート・ホワイト・ブラザーフッドと、メルキゼデク団の長です。
全太陽系を収める大君主として、彼は、水瓶座の時代を通して私達を導くためにここ地球にいます。

彼の仕事は、地上に天国をもたらすことであり、人類の意識を引き上げて、宇宙の神のマインドへ開こうとしています

彼は、純白の光に乗ってワークします。
純白には全ての色が含まれているのです。
そして彼はこの光を、地球の大気中へ放射します。

私達は、霊体を通して、このエネルギーを吸収します。
それはやがて、私達の準備が調ったときに、メンタル体、感情体、肉体の中に吸収されます。

彼は、マスター達を通したエネルギーにずっとフォーカスしていますので、あなたが彼のチームとワークしていない限り、個人の意識には関与しません

彼の責任は、地球の鉱物や植物界に対すると同時に、人類全体に対するものです。

彼は、霊的な側面を含む、物理学や科学的な研究に携わる者すべてに影響を与えます。
そして、世界のヒーリングを活性化しています。

彼は、ブッダのエネルギーをもたらして、人々が5,6,7次元にアクセスできるようにするために、地球へやってきました。
また、イエス・サナンダ、キリストの光をさらに強めました。

そして、彼はかつてクリシュナとして転生しました。

他のマスター達と同様に、ロード・マイトレーヤは、地球上の、特別に同調すると感じる場所に、拠点を持ち、特に、中国の敦煌の近くにある、千仏洞と、蘭州のシルクロードや台湾の孔子廊にリトリートのスペースを置いています。



ロード・クツミ(クートフーミ大師)は、

いまもサナンダと共に、内なる世界で、ワールド・ティーチャーの役割を分担していますが、まもなく、この強大な任務の全権を担うことになるでしょう。

学びのための各学派の長として、彼は、霊的な真理を教えている者達、皆にとても関心をもっています

彼の仕事の1つは、宗教の教条的な考え方を変えることであり、それによって、無条件の愛を実現するのです。

これを実現するために、スピリットかもしくは肉体をもった形で、彼と共に働く12000の存在がいます

彼は様々な人生において、すべての人に、愛を行動で示してきました

彼は、古代の秘境の秘密を守り、巡礼者を保護する、テンプル騎士団の創設メンバーでした。

また、ピタゴラスとして神聖な幾何学、数秘学、数学、そして天球の音楽を世界に紹介し、グレート・ホワイト・ブラザーフッドのための、数秘スクールを創りました。

アッシジの聖フランチェスコとして、生きとし生けるものへの尊重と愛を示しました。
シャー・ジャハーンとして、妻に対する完璧な愛の供養として、タージ・マハールを建てました。

彼は、愛する弟子ヨハネであり、イエスの生誕地を占いによって知った東方三賢人の1人であるバルサザールであり、エジプトのトトメスV世でした。

この偉大な存在は古代の神秘的な教えの守護者であり、地球がアセンションへの道を前進している今、それを受けとる能力のあるライトワーカー達に、秘教的な情報をもたらしています

彼は、愛と叡智の第2光線のイニシエートで、大天使ミカエルと共に聖杯の共同守護者です。

聖杯は、自己認識と自己統御のための秘境的探求を表しています。

彼は、霊的法則のより深い理解を人類に徐々にもたらしています。

彼は、世界の重責を担っている、ブラザーフッド・オブ・ゴールデン・ロープ(黄金のロープ騎士団)の教主です。

ダビデの星(六ぼう星は彼のシンボルであり、マインドと身体と人間関係に完璧なバランスをもたらします



イエス/サナンダは、

第6光線の主、マスターで、この過渡期に、ロード・クツミとワールド・ティーチャーの地位を分担しています。
また、地球の大君主としてロード・マイトレーヤーの傍らで働いています

彼は、内なる世界では、サナンダとして知られ、その存在は、全ての輝ける方々の中で、最もよく知られ、愛されています。

彼は、神の12人の子の1人で、地球に転生した唯一の方です。

イエスとしての人生で、彼はエッセネ派に属し、メルキゼデク団の大祭司になりました。
彼はその時代のキリストになるために、誕生前そして彼の生涯における一定期間、特別に準備を調えられました。

彼が、宇宙のキリストのエネルギーを受け入れる準備が来た時に、ロード・マイトレーヤは、彼を通して働きました

彼は、金星出身で、果たすべきカルマなど持ち合わせていませんでした。

彼の過去生の転生では、アダム、エノクイエシュア、ヨシュア、エリヤ、エジプトのヨセフでした。

彼は、偉大なマスターであるティアナのアポロニウスとして転生し、神の法則を教え続けました。

また、イエスとしての彼の人生は、その魂のエネルギー全体が地球にやってきた唯一のものでした。



セント・ジャーメイン(サンジェルマン伯爵)は、

紫の光線である第7光線の主で、私達に浄化の紫の炎をもたらしました。
ラコッツィとして転生した彼のアスペクトは、最近、第11光線を引き継ぎました。

セント・ジャーメインの過去生の転生は、預言者サミュエル、中国の哲学者の老子、ナザレのヨセフ、聖アルバン、ギリシャ哲学者のプロクロス、魔術師マーリン、クリストファー・コロンブス、フランシス・ベーコン、ラコッツィでした。

クリスチャン・ローゼンクロイツとしての転生で、彼は、薔薇十字団を創設し、それが後の薔薇十字会になりました。



ジュアル・クールは、

今もロード・クツミの副官として、彼と密接に連携して働いています。
彼は、いくつかの光線を通して、人々に影響を与えています。

また、マスター達のメッセンジャーとして知られていて、輝ける方々のたくさんの生徒達を教える役割を担っています。

また、世界の健康を向上させ、ヒーリングをチャネルする者達を助けるために、ヒーリングの天使達と共に働いています。

彼は、ブラザーフッド・オブ・ゴールデン・ローブ(黄金のローブ騎士団)のメンバーで、チベットのマスターとして知られ、アリス・ベイリーや、ブラバツキー夫人を通してチャネリングされました。

彼は、イエスの生誕に駆けつけた東方の三賢人の1人のカスパールです。
また、ある過去生では、ヨハン・セバスチャン・バッハでした。



■天使たちの女王として知られている聖母マリアは、

大天使ラファエルのツイン・フレーム(魂の双子)です。

レムリア時代、彼女は、「太陽の母なる女神」を意味する、マーラとして転生しました。

また、その文明の最初のイニシエートとして、レムリアの秘教スクールを発展させ、後に、地球上からアセンションした最初のレムリア人になりました。

アトランティス時代、彼女はアトランティスの女神官長イシスで、太陽系ロゴスを代表する太陽神のホルスを処女懐胎しました。(エジプトでは、ホルスは、獅子王として知られていました。)

そして彼女は、女性に再びパワーを与えて、地球に神聖な女性の叡智を取り戻すために、輝ける方々のチームと共に働いています。



アヴィラのテレサは、

多くの転生を経験し、共に働くために、肉体を持つ者、持たない者、双方のライトワーカー達を集めています。

彼女の役割は、人類を、大いなる源(ソース)、創造主とのワンネスに基づいた、新しい独善的でない宗教に取り組む必要性に気づかせることです。

彼女は、神学の新しい形態と理解をもたらす努力をしています。



シエナの聖カタリナは、

人類の内なる霊的な光を活性化させるために、輝ける方々と共に働いています。

過去生で、ジャンヌ・ダルクと世界に神智学をもたらしたブラバツキー夫人でした。



聖クレアは、

人類に素晴らしい霊的な気づきをもたらしています。

在任期間中に、彼女は、霊的気づきの進歩状況と、私達を助けるためにはどのような調整が霊的世界から必要とされているかをロード・クツミに報告するために、地球に戻るでしょう。

彼女は、清貧のクレアの会の創設者で、彼らは、困窮している人達に奉仕し、物をもたない清貧な生涯をおくりました。



−−現在、世界を前進させるために、マスター達のいくつかのエネルギーは、融合しています。−−





また、アクセス時、声に出した対話ではなく内での対話でわたしが聴いたのは、『ヴァイワムス』という存在について。
(配布したコピーは声に出したアクセス部分のみ。)

その存在もこの本に書かれていた。


ヴァイワムスは、

サナート・クマラのハイヤーセルフで、宇宙を担う、宇宙のロゴスです。
そして想像を絶する強大な存在です。

ジュアル・クールと共に、彼は、チベット・ファウンデーションを創設し、秘境的真実を再び明らかにしています。

彼の地球における仕事の一部は、私達の心の誤解や思い込みのすべてを解消するのを助けることです。



わたしは驚いた。

>サナート・クマラのハイヤーセルフ
であること。

>ジュアル・クールと共に……秘境的真実を再び明らかに
するため動き出したことに



  



本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 12:46| 0703 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。