2007年03月28日

グレゴリー・コルベール〜animal totems〜

カレッジで横浜に滞在していても、めったに自分たちの時間をもっていない。
しかし今回は、カレッジ前日に必然に現れた友達から『グレゴリー・コルベール』の情報が入った。



「これは行こう!」
そう龍に伝えていた。

 

内的な、素敵なひとときを過ごしてきた。



実際の場(六本木ヒルズ森の美術館)では作品が少なかったが、ここでは見られない作品が
ここ↓でたくさん観れる。
Ashes and Snow
ぜひ、『リアル体験サイト』→『体験する』をクリックして味わってほしい。
展開するフォトバックの音楽も美しい。

そしてさらに味わってほしいのが、会場で流されている映像。
写真からは味わえない、実際の動物と人との静かなる内的な調和と美。

感動する




「1992年にAshes and Snowに取りかかったときに目指したのは、人間と動物の関係を内面から探求することでした」

—Gregory Colbert




Ashes and Snow

・全ての動物が共有できる言葉と詩的感性を探求しながら、私はかつて人間が動物と平和に共存していた頃の、共通の土台を再発見することを目指しているのです。

・私の画像が描き出す世界には、始めも終わりもなければ、こちらとあちらという観念もなく、過去も現在も存在していません。




コルベールはいまも世界各地を旅して、Ashes and Snowの制作を続けている。



 




本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 00:29| 0703 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。