2007年04月23日

気づく。真の錬金術。

お金(エネルギー)をふさわしく使えない者は、真の錬金は行えない。
具現や物質(エネルギー)をふさわしく扱えない者は、真の錬金は行えない。

0423:2007
vol.2
I notice it. True alchemy.
photo : dozen/Ren

625b.ren.jpg



お金や物質、具現というエネルギーさえ真の霊性で扱えない者が、それを超えて真の錬金に至ることはない、ということだ。



もっと分かりやすく表現するなら、それらエネルギーさえそのように扱えない者にとって、明らかに危険でもある。

善は善として返り、悪は悪として必ず返るからだ。
わが身に。



真の錬金には、なにひとつの執着を許さない。

神聖の中に、その真実の中に、真の錬金は存在する。

その神聖さにいないのにも関わらず行える錬金術は、悪の駒のひとつに過ぎない。

神聖の欠如を好み、その利己欲が満たされる。
しかし、それは一時的であり、実際には永遠に満たされない。
その欲が尽きない限り。

利用され、吸血鬼のように滋養物を得るため外から与えられていることにも気づかない。
そしてまた自らも、吸血鬼となっていることに気づいていない。
ここでの自らの勝手な自由意志(コントロール)の下、錬金を行っていく。

それもまた、自ら選択した学び。



真の錬金は、神聖なる自らの内なるキリスト意識を通す

内なる神(根源/スピリット/本来の高次の自己)に自らを明け渡し、その顕現として体現者として、自らを差し出し存在させる者にしか、自動的(自然)に真の錬金は降りない

ゆえに錬金は神聖に沿った顕現が、霊的ふさわしさとして起きる。
そこにこの自分の勝手な自由意志(コントロール)は存在しない
すべては神聖さゆえ起こる。
その必然に応じて。

ゆえにここの自分が計り知れない上で起こる。



そしてまた、それは神秘でも奇蹟でもなく、まだ気づかれていない科学にすぎない。


本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 18:45| 0704 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。