2007年06月08日

トルテックの愛の見地

『恐怖を超えて』という本からの素敵なエッセンス。

0608:2007
A standpoint of love.





イエスは、愛は沈黙の知識の精髄であると教えました。

トルテックたちはまた、私たちが愛に近づけば近づくほど、神に近づくということを知っていました。

愛は恐怖の反対です。
愛は焼くことのない炎です。
それはそれが触れるものすべてを純化します

一方、恐怖はそれが触れるものすべてを焼き、破壊する炎です。

愛の意味を言葉にすることは非常に困難です。
愛の特性について語る方が容易です。

それによって私たちは愛の特性と恐怖の特性が正反対だということを理解することができるでしょう。

私たちは2つの道、愛とそれと恐怖のそれとを想像することができます。

両者を比較することによって、私たちは自分がどの道にいるのかを判断することができます。

ミゲルは、純粋な愛は7つの特性から成っていると教えています。

 




【1】

愛は期待をもたない

恐怖は期待に満ちている

【2】

愛は義務をもたない

恐怖は義務感に満ちている
義務感から行動するとき、抵抗が私たちを苦しめる
義務を果たし損なったとき、私たちは罪悪感を感じる。

【3】

愛は尊敬をもつ
他の人たちに対してだけでなく、自分自身に対しても

恐怖はそれ自身も含め、何も尊重しない
私たちが自分に同情するとき、それは自分を尊重しているのではない。
私があなたに同情するとき、私はあなたを尊重しているのではない。

【4】

愛は辛抱強い

恐怖はせっかちである。

【5】

愛は憐れまない

恐怖は憐れみ、特に自己憐憫でいっぱいである。

【6】

愛は無頓着である。

恐怖は執着と、所有物を手放す恐れに満ちている

【7】

愛は親切である。

恐怖はあまりにも自分にかまけすぎて、親切たりえない。





愛に基づく関係は、他者をコントロールしようとする努力によって破壊されることはありません




本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 19:55| 0706 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。