2007年06月08日

いのちに還る

0608:2007
vol.2
I return to life.




『恐怖を超えて』本からの詩。
真の目覚めというものを詩に変えて現されている。
人の中に在る神が蘇る。
 



目覚めたとき
何一つ同じものはなかった。

生まれて初めて私はわが目を
双の目を開いた。

私はながく信じていた
自分はものを見ているのだと。

けれども私が真実として知っていたものは
偽りの夢

それ以外のなにものでもなかった



そのとき、輝く星のように
生の天使が死の天使となり
私の夢を変えて恐怖のドラマは
喜びに満ちたコメディへと変貌
した。

驚きのあまり、私は天使にたずねた。
私は死んだの?

彼女はこたえて
そうよ、これまでずっとあなたは
死んでいた
のよ。

あなたの心臓は脈打っていても
あなたの精神は 幻想の墓の中で眠っていた


自分が神であることを知ることなく



今、脈打つ心臓、息づく肉体とともに
あなたの精神は地獄から目覚める

生まれ変わったあなたの目は
待ち受ける美をほめたたえる



あなたの聖なる意識が
あなたの中のすべての愛を
目覚めさせる




憎しみと恐れは打ち捨てられ
罪と責めは消え去った


あなたの魂は赦し
あなたの中の神が生きる



うっとりと私の目は天使をみつめる
私の中に目覚めた真実を感じながら

私は喜んで降伏し
無条件に死と生をうやうやしく受け入れ
地獄への要求すべてを投げ捨てる

そして新たなまなざし
私の永遠の愛が旅立つのを見る。

by ミゲル・アンヘル・ルイス




本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 22:46| 0706 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。