2007年06月25日

6月横浜便り〜1日目〜

0622:2007
News from June Yokohama 〜the first day〜
photo : dozen/Ryu

650b.ryu.jpg


新横浜に到着し、大倉山に向かう電車の中で龍がパチリ。
龍ブログ⇒Dragon Diary〜Ripe Of Source/dozen〜
今日の予定は、夜のスピカフェ&聖なるイニシエーション。
 


毎月こうやって逢うことが、たまらなく嬉しい。
今回、久美とは久しぶりに逢う。顔が見れて嬉しい。
この大倉山の雰囲気も大好き。
久美ブログ⇒naturally 〜在りのまま〜

たっぷり外で緑を眺めながらのお喋りのあと、椿と瑠璃の差し入れのケーキとワッフルを食べよう!と、部屋に入る。
どちらもシンプルで素朴で、とても美味しい。
椿ブログ⇒Tsubaki's Garden
瑠璃ブログ⇒闇からの帰還〜愛への道〜

食べながらも話は尽きない。

今回はめずらしく龍が率先してフォト撮りしている。
ついついお喋りに夢中になって、ちっともラブスピースフォトを撮ってないので、意識して撮るようにしようと。



651b.ryu.jpg


部屋の中の携帯撮りは、やはりくすんでしまっていた。
加工しても、これが精一杯。

左から
↓あだっちゃん。
[ 創造 ] 自分を愛する [ 自己探求 ]
久美。瑠璃。椿。

↑この写真から見ると、わたしと瑠璃が話しているのかな?



652b.ryu.jpg


わたし自身の第4イニシエーション目前ということから、イニシエは起こらないかもしれないという予想通り、起こらず。

変わりにいつしか、Ren classとなっていた。

と言っても、このときの質はいつも京都で行われるものよりは、とても軽いもの。
それでも大切な霊的交流が図られたと感じている。
聴き手次第では、質を濃厚にできるのだから。

これも高次たちからの贈り物であり、みんなの引き寄せた共同創造。



帰りの駅で、椿がハグを求めた。
瑠璃はそのとき何も口にはしていなかったけど、心の中でしっかりハグを求めていた。

それは椿とのハグが離れたあと、引き寄せられるように瑠璃とハグしたのでよくわかる。
ハグをすると瑠璃は泣いていた。
いろんな想いがある中で、彼女はハグを通し安堵を感じていたと思う。

そこへ久美もハグを求めてきた。
ハグとともに泣き出す久美。
彼女にとってはさらにいろんな想いがあっただろう。

カレッジを離れて数ヶ月。
彼女にとっては本当にさまざまな想いの体験があり、自分は本当に何を求めているのか、それがやはり愛なのだと、自分の都合のいいエゴから突破してきただけに、思考ではなくハグから感じるところが大きかったと思う。

こういう体験をした人はカレッジでは貴重な存在だ。
エゴで離れるという体験をしたからこそ分かるカレッジの大切さを、愛を、彼女は身をもって話せるだろう。

彼女自身が、今後さらに真実のエッセンスとなっていく。

久美のパートナーのあだっちゃんもしかり。
彼にしか、彼だからこそエッセンスになれる真実の愛がある。
2人とも、ラブスピースにとってのギフトだと、わたしは思っている。

彼らに感謝だ。



さすがに男性であるあだっちゃんは気軽にハグを求めるわけにもいかず、その気持ちを察してこちらから握手を交わした。
この握手さえ、霊的いざないがあるのは間違いない。

さてさて明日はdozen class。
どんなスピを楽しめるかな。ワクワク。
つづく・・・。


本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ


posted by dozen/Ren at 21:51| 0706 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。