2007年05月16日

070516 セラピス・ベイ

彼が訪れたとき、わたしは彼に質問をした。

0516:2007
Access from source center 070516.
photo : dozen/Ren

664b.ren.jpg


めったに質問ができる状態にわたしはいないが、そのチャンスをわたしは得た。
 


が…。
ほとんど消化できなかった。
龍から説明されてもわたしは分からなかった。

「戸惑っている。」
「龍の力をかりましょう。」
「時間が必要でしょう。」

と、セラピス・ベイがまさに言ったとおりのことが起こる。
わたしがようやく理解し始めるのは、ほぼ2ヶ月も経ってからのことだった。



0:27 2007/05/16 セラピスベイ

アイムセラピスベイ

(おー、ひさしぶり

元気ですか?

(はい、元気です。

私も元気です。笑

(一年ぶりくらい?

そんなになりますか? 感覚ないね。



色々、神聖に向かっているようでなによりです。

常にあなた方の話は、聴いています。

これからさらに、さらに、ゆっくりとはなりますが、基礎固めになっていきますね。

しかし、これは非常に大切な重要なプロセスなのです。

ムミヤ、エヌワース
コングラッチュレーションですね。
関連日記
エヌワースからのアクセス
エヌワースとの出会い
エヌワースからのイニシエ

スピリットたちにとっては、話せることは、非常に、感謝あふれることです。



豊かなギフト。スピリットにとっても、具現にとってもです。

ここにいる人たち(アシュラム/カレッジ)は、その可能性は、ふんだんにあふれている

蓮との接触は、必然ですが。

コングラッチュレーション。



少し注意があります。
ムミヤに関して、注意を払います。

簡単に、傾く可能性はあります。
しかし、様子を見る、と言う言葉が一番ふさわしい。
と言っておきます。

本人次第。ムミヤの中にもパワーあります。

好む、憧れ、誰しもそうです。
誰しも、能力の顕現は、あこがれますね。ここでは。

それが、ムミヤにないとはいえないです。
ゆえに、注意を払います。

よく、観察すること。

本人もそうです。
本人が、一番そうね。

今のまま、の状態で、少しずつ進んでいくのが、ふさわしいですね。

ムミヤの話を聞いて、どう思いますか?

あのようなわずかな能力であっても、非常に役立つ。
神聖さに意識を合わせているからです。
フォーカスしている。

あれが一歩間違え(れば)、自分の力の顕現ですね、(それ)にフォーカスすれば、簡単に変わります。
簡単に変われる状態でもいるのです。

本人に伝えて下さい。
今、(これを本人が)聞いておくのはふさわしいでしょう。



スピリットと一体になるのは、そんなに簡単なものではないです。

(そりゃ、そうやな。

そのことを、よく知っておいてください。
そんなに簡単ならば、誰でも、もっと早く進みます。
肝心な、そういう点が抜けてる

あっという間に、みんな、スピリットに、内なる神に戻っていくでしょう。

思わず笑ってしまいました。
簡単に伝えたいことは、以上のメッセージです。

(ありがと。



久しぶりですね。
こういう感覚になじむと、思い出されます。

(何を?

初めに出会った時、このようにアクセスした時、思い出しますね

(あん時、聞き取りにくかった

Yes

(机の上にいたもん、俺

そうでしたね。一生懸命でした。

(必死になって聞いてたよ、俺も

全員が一生懸命です。笑



カレッジでは、いろんな状態が垣間見れるようになっていきます。

能力の顕現も開花、ですね。
開花もいろんな状態で見れていきますが。

そうそう、蓮が言ったとおりです。

基本は、何一つ変わらない。
法則がひとつだからです。
唯一なるもの、変わらない


飾りが違うだけね。

蓮の言い方をすれば、その人の状態に合わせ、開花されていく。



さっきの言葉、忘れないでください

(あー

そんなに簡単に、神に戻るなら、あっけなく、カレッジでは、本当にあっけなく、みんな戻っていくでしょう。

(ほんま、いっぱいおるやろ。

ムミヤの、神聖さに沿う熱意。
一生懸命、想い、よく伝わっています。

ゆえに、その意味で、盲目ですね。

一生懸命、一生懸命、自分を見る。
自分にできることは何か、ということです。

それが一歩でも間違えて傾かないようにを願いますね。

このまま、進んで、様子を見ながら、ですよ。
進んでいってください。

人は誰しもいい状態が続くわけではない、不得意としていますね。今のところ。

なので、簡単に変わっていってしまうこともあります
そういう時も、訪れるはずです。
そういう時こそ、用心することです。



カレッジとしては、媒体が、さらに欲しいのは、当たり前のことです。
よりよく、現場にあわせた情報ですね。

蓮もそうでしょう? 現場にあわせた情報を提供できる。
パイプ、は必要です。
これから増えていきます。ゆっくりとなっていきます。

しかし、パイプだけを、みんなは注目しているのではないですか?

(そこ、修正かけまくらなあかん。

リアルな、蓮のようなリアルな状態に、いち早くなりたい。
もちろん、ならないとは言いません、なります。

しかし、そんなに、すぐに帰還するものではないです。
そして、その状態だけがアクセスだけではないということ
そこばかりフォーカスされますね。

ゆえに、ムミヤみたいな状態をみんなに見せることが、必然です。

そのような状態もパイプ、の範囲であることを。
そのことを忘れないでください。



みんなはすでにアクセスは、しています。

パイプ、媒体になっています。

しかし、蓮のようでなければ、認められない。

蓮のが、パイプだと思って、みんながそれを求めている。

あまりにも執着しすぎている、ものの見方が、です。

もっと幅をきかせて、その上さらに、自分を信頼してください

どのような状態でもアクセスはあり、媒体にもなっている




蓮のようにすぐにでもなりたいというのは、どんな時ですか?

(チャネルしたい。

Yes、そういうことです。



なぜ、チャネル? リアルにチャネル?
私は、チャネルしてま〜す! になりたいですか?

(そこに価値観を置いちゃってる。

そうですね。

(自己受容できる。自分を認めるっていう意味で。
(要は認められてもらったことで、自分が認められる。

もっと露骨な言い方もいいですよ。

パワー、と言っても過言ではない

しかし、それを純粋な気持ちで、神聖さに沿いたい。

たとえ、それが、あなた方の言葉で盲目的であろうと、それが純粋であるならば、ムミヤの状態が現れるということです。

ゆえに、その証拠として、エヌワースを引き寄せている、蓮に。
蓮を通して、出会うことができる。

そういうことですね。



みんなが見るといいでしょう

やきもちやく、ジェラシー、とんでもない話です。

まずは、大きく、パイプ、アクセス、を見ることです。

人をうらやむ前に、すでに自分は、どんなものを享受しているかを見ること
です。

すでに、それぞれ享受していることは、たくさんあるはずですよ。

そこに目が止まっていない

自分の中での変化、開花、ほんの少しのことでも、自然に現れているそのさま、振り返ることです。

よりよく、それを生かせることが、なによりの神聖さへ沿うことです。

顕現への忠実、ということですね。

忘れている。




はっきりしているものばかりに、ごまかされている。
好きですね、そういうの




いずれ、いずれ、全員そうなります。
ここでは、それが、奇跡に見える

面白いですね。

(奇跡が欲しいから。

自分が、すでに、奇跡の存在だと忘れている

それを思い出していけば、今を振り返れば、なんて愚かな、ばかばかしい、の方がふさわしいですね。
と思わず笑える、思い出になるでしょう。



展開は速くなっていきます。
ムミヤだけに留まらず、もう少し早くなっていきますね。

あなたがたに期待を持たせることはよくない。
そのコツを、少し、私たちは、掴んできています。
学んでますよ、私たちも

この試み、この投じ方、やり方、どのように関わるのが、一番ふさわしいか、学んでます。



アセンションは、存分に楽しんでください。

(常々、アセンションはしてます。

Yes、その通り。意識の問題、ということです。

最近、ずいぶん見えてきてますね。

(俺?

神聖さ、カレッジの状態、よりよく認識が深まって来ている。
もっと、深めて欲しいところですが。

(ようやく俺も、ちょっと、コツ、分かってきたから。笑



私たちには、時間は、関係ない。

ゆえに、時間はないので、あなた方にとっての、ゆっくりだろうが、はやかろうが、実は、関係ない


しかし、遅れている。

(こっちで見ればね、っていう話やね

そうです。も、ありますが、言うだけのときもあります。
それは、内緒です。言ってますが。笑

(そのほうが面白いもんね、言うてる方が。

エッセンス、全ては、エッセンス

高松の合宿で、経験してるでしょう?フェイントかけるの。

時間ないんですよ? 存在ないんですよ?

何か、だまされてないですか?

(忘れてないよ? あ、今?

What´s?

(今、だまされてる?

ノーノーノー、遅れている、早い、時間。
言っているようで、実は、なかったりしますね



もっと、肩の力を抜いて欲しいところです。

(ほんまは、どうでもいい話やろ?

Yes,ここでは、騒がしい。
あれこれ、あれこれ。
もちろん、次元によってもまだありますよ。

(そこが見ぃひん。

もちろん、あります。
四次元、五次元、ありますね。
フェイントも楽しみながら、謳歌してください

(わかりました。

非常によい学びです

(はい。

Yes.



ムラウス、と繋がれたことは、非常に有効です。
(連続イニシエーションにより繋がった。蓮がみそぎと言っていたもの。)

ヒーリングだけでなく、イニシエーションに、非常に有効です。
よき働きは、よき奉仕をしてくれる
でしょう。

(ムラウスのエネルギーが、どんなエネルギーか分からへんけど。

Yes、モークのように個性があれば、また面白かったですね。

(いや、でも最初に、やられたときのエネルギーの流れ方、すごい個性的やったよ。

(雷のごとく、まっすぐ走らへんかったもんね。ギザギザギザギザって走るもんな。

全員が全員、分かるわけではないです。

ムラウスは、ムラウスなりの、貢献の仕方がありますね、奉仕の仕方が

特に、スピリットへの介在、エヌワースの介在には、非常に役立ちました

彼の奉仕ですね。彼にとってのふさわしい奉仕。

(媒体の媒体になりやすいっていう感じ?

そうです。そして、よく守ってくれます。守護してくれます

そんで、道案内できるんやな?

そうです

(そういうことか。



道案内、単純に考えないでください。
迎えにいける、道案内、見守れる。

イニシエーションのときは、必ず居る
はずです。
(dozen個人に関わるイニシエにおいて。)

彼のそういう役割を見れば、奉仕の役割が良く分かるはずです。

見落としすぎる。わかりますね。
良く見てください
エッセンスは、ふんだんにあります。



質問が上がっています。
蓮からですね。

過去の話、チャネル? 日記、の件? 分かりますか?

(何のチャネル?

前の方が、ライトワーカーのようだった、という話です。
分かりますか? 質問されています。
そのように、またプラスアルファするのか、どうか?

(能力としての話?

そうですね、そういうことでしょう。

(映像として見えるとか、言葉が頭の中に入ってくるとか。

それらは、すでに使われています

(意識してないだけ。

もっと、もっと、もっと振り返ってください。

その様な状況は、たくさんあったはずです。

すでに使われている。あなたも見ています。

(蓮がそういう風にやっているところを?

そうです。まったく同じではないですよ。

こういうアクセス、こういう霊的エナジー、を介在させながらやっています

ゆえに、蓮の口調でしゃべっていることは、たくさんあるでしょう?
蓮が、映像をみたというでしょう。

気づいていますか? たくさんやっていますよ



蓮自身こそ、気づいていない

前の状態だけをフォーカスし、あのような状態でいなければ、
やっていると考えられない。違いますよ。

あれができて、これができないわけがない

すでに能力、顕現は、進んでいます。

幼い顕現を思い出し、あれに執着する必要はない。

すでに存分にやってます。

意識してないだけ、気づいてないだけ




全ては、アクセス、高次のせいにしている。
いいですか? 蓮自身、認めなさい
(セラピス・ベイが蓮に向けて言っている。)

高次が全て関与している、高次がやっている。
高次のせいに、してはいけない

それらエッセンスを引き寄せられるのは、あなた自身が、軸になっているからです

高次のせい、高次がやっている、高次がアクセスしている。
それによって、あなたは、たくさんの言い逃れをしています。
自分の責任にはならない


分かりますか? 言いたいこと。



蓮自身の軸、創造、自己信頼なければ、これらの全ては行えない



いいですか? 法則と同じですよ

蓮はそれを、ムミヤにも言っている。あなたにも言っている。

あなたがたの内なる具現が、蓮を通し見せている。
ならば、蓮の内なる状態が、蓮自身に具現している


なぜ、そう見れないですか?



蓮に触れなさい、蓮をツールとしなさい。
そういうのは、高次に触れるチャンスがあるからです




(蓮もみんなも)高次のおかげにしています。
高次を賞賛する形にしています




しかし、それは、正しくもある。

しかし、実は、それは、全て蓮だとしたら、どうしますか?
みんな、受け入れられますか? 受け入れられないでしょう?

全ては、同時です。同じにあります




蓮のせいにするか、高次のせいにするか、スピリットのせいにするか。

これら全ては、誰が創造していますか?
誰が軸になっていますか?

そして、また、高次さえ軸になっている


どんどん、ややこしくなってきますか?



蓮は、自分を認めなければいけない。
蓮は、自分のおかげとすることを拒否している。怖がる




意味、分かりますか?

おこがましい話ではないですよ。事実を述べています。
法則の話と同じ


蓮自身、ここまで分かってないですよ

(能力が、ステップアップしてるのに気づいていないんや。

まったく、気づいていないですね。この質問が出るということは

(今、分かった。過去に言われているね。センサーの話も言われていると思う。
(要は、霊的に深い部分というのを、蓮は、先に見る、と。
(それは、もう映像がエネルギーに変わっちゃってるだけの話であって、
(もう感知しているというか、すでに見れてるはずやんね。



蓮は、多くのことに気づいています。知覚しています。感じている

(それが、前は、単に映像だけやったっていう、認知できるのが。
(それがどんどん、ステップアップして、エネルギーとか、
(そういう感覚とかまで、研ぎ澄まされていっているっていうのが、
(レベルアップしているっていう話と違うんか。

映像だけではないね

(映像からのステップで話せば。言葉かったって、頭に降りてるんじゃなくて、
(そのままストレートに、流れていっちゃうから、口から出てるっていう。

そういうことです。

でも、蓮には、認められない。自分の話していること、認められない。

みんなもそうでしょう。蓮そのものが、実は、高次で、話している。


(気づいていない



認められますか? 認められないでしょう?

見せ方にも色々あります。明らかに意識が違う

(そういう存在が)目の前にやってくると怖がる。それが、人というものでしょう?

それが人にもあるならば、蓮にもあります。




自分の中の変化、まだ、たくさんあるはず。
スムーズになっていることもたくさんあります。

しかし、このように(今行っているこのアクセスを指している)アクセスがあると、蓮自身は、ほっとする。

このようにはっきり、エネルギーが介在すると、ほっとする。

明らかに自分ではないと。こんな風に、私は、話さないわ、と。明らかな違いがあると、安心する。




蓮自身も(自分を)認め、自分に慣れることです。

さらに変化は続いて行きます。
もっと、もっと続いていく。

さらに意識は高まっていく

もちろん、シャンバラの聖者たち。
あの意識まではないです。

もちろん、もう関与は始まっている。
その意識を持っている部分が、当然ある。

それが、大きくメインになるか、なっている状態に、
顕在になっているか、五次元の顕在ですね。



このような質問を受けるとは、思っていなかったです。
蓮は、すかさず聞きましたね。
離れるようとした時に、聞かせて欲しいと。

認めることです。



人にとって、認めることも、怖いことが分かります。

なぜ、怖いのかも、知る必要、必要なら、知る必要があるでしょう。




私が現れる際、どのように現れましたか? 今回

(すーっと

Yes、そうですね。これは、何を表している?

この際、変容はなかったはずですよ? 大した。
いつものように、変容の、腹部が動く、ということもない。

ずっと、表情の変化、表情のエナジーの関与、があった程度です。

以前は、どうでしたか?

かなりの変容をして、現れたものではなかったですか?

これと同じことです。

スムーズに行っていることがたくさんある。

でも、今までと違えば、落ち着かない


認められない。

少しでも、エネルギーが関与する部分が、発見できると、

安心して、自分は、今、下ろされている。

確かに、分かりやすいですね、蓮にとっては




他の人には、それさえも、もう、わからない部分があるとは思いますが。
蓮にとっては、安心になる。

もっとスムーズになっている部分がある。
今日でも、そうでしょう


覗いたとき、映像を覗いたとき、その壁にあるもの。

ドアを開ける者、ムミヤの顔を見るだけで、分かっているはずです。
マップが来た時、分かっているはずです。

でも、彼女(蓮)は、もっと確認しないと、安心しない。

蓮が、思っている以上に、知覚は、早くなっています。

感じていることは、本当に、たくさんある。

それが、しっかり思考に落ちるまで、

確認が取れるまでの、クセが残っている。




その際に、明確に話すならば、あっという間に分かってます。

ムミヤの顔を見て、分かる。
マップの状態、見て分かる。

例えば、エンプティの話もそうです。
エンプティの、その場で分かっている。

それを全て遅らせていく。何が、遅らせますか? 霊性は?

(怖れ

全ては、ブロックをかけてるのは、そうです

いろんなことは、全て、同じです。

ゆえに、正直に話すように、という課題。
課題ではないですね、課題ではありませんね。
当たり前のことです。話すことが求められている



(蓮に言っている↓)
要は、あなた、蓮のままでいなさい



抵抗する。

蓮は、履き違えてますね。

聖なる子供でいなければならないと思っている。

あれは、ひとつのリアルな表現に過ぎない。

あんな風にならなくてもいい。蓮のままでいればいい。

もっと素直に、あるがままに、正直に。




何か難しくしすぎている。
簡単なことを難しくしすぎている

聖なる子供に願ってご覧なさい。
もっとリアルに一緒にいて欲しいと。
すでに、聖なる子供はいます、一緒に

今の表現は、もっと一緒に、知覚できるように居てください。
自分らしさを助けてください。

蓮に話してますよ、今。

そのように言えばいい。ということです。



蓮は、自分自身の知覚の速さ、感覚に気づくことです

以上で、納得しましたか?

蓮こそ、力を抜きなさい。難しくしてしまっている。

もっと力を抜き、しなければいけない、ということを捨て去りなさい。

そうすれば、見い出せます。




OK、あなたの力も借りましょう。龍の力もです。
色々、話してあげてください。

(了解

もっと分かりやすく、蓮に。蓮は、戸惑っている

ゆっくり交流する。あなたと話しながら。

時間が必要でしょう

また、会いに来ます。

(ありがとう。

楽しんでください。

(はーい。

1:06 2007/05/16




本当の自分を取り戻していく覚醒イニシエーション
愛の拡大支援クリックご協力お願いします^―^v
人気blog  精神世界  哲学ブログ  ブログくつろぐ
posted by dozen/Ren at 23:23| 0705 Love Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。